プログラマーとして新時代で活躍するために

プログラマーはAIに仕事を奪われ、将来的に消滅するといった意見をよく耳にするが、これは誤解だ。AIの浸透は今後も加速的に進むだろうが、その人工知能プログラムをプログラミングするのは誰かを考えてみるとわかるだろう。もちろん、AI開発とその運用・保守にはプログラマーのスキルが必要だ。むしろ、AIが各分野に浸透する未来が訪れてこそ、プログラマーの活躍するフィールドが広がる可能性もあるかもしれない。IT業界は日進月歩で、急速に発展を遂げている。そのため、いい意味で常識にとらわれず、時として過去のキャリアを捨て去ることが大切だ。新しい分野の技術や知識を、ゼロから学びなおすくらいの気概と大胆さがプログラマーには求められる。

また、プログラマーにはフリーランスで働く選択肢もあり、有能な若手にとってはチャンスが大きい時代だ。AIやビッグデータ解析、IoT家電、アプリ開発などさまざまな分野での活躍が期待されている。有能な若手であれば、社外プログラマーとして大手クライアントから業務委託を受け、高い報酬が得られる可能性もあるだろう。海外企業と付き合うのも、フリーランスのプログラマーとして働くならおすすめだ。国内だけではなく、グローバルな視点を持ってクライアントを探すチャレンジスピリッツが、今後は必要になってくるだろう。特に、急速な勢いで経済成長を遂げる中国系のIT企業やEC系サービスから、業務委託を受ける道を模索するのもフリーランスの戦略の1つだ。