AIエンジニアになるためには

AIという言葉は今や世の中にすっかり定着したが、AI製品を開発するにはどんなスキルが必要なのだろうか。まず、AI製品は大量のデータを取り扱うことに強みを持つプログラミング言語を、使いこなせなければいけない。こうした言語にはPythonやR言語などが挙げられ、AIエンジニアを目指すなら習得しておきたい。また、組み込み系機器の開発にはC言語も大切だ。C言語はプログラミング言語の中でもかなり難易度が高く、PythonからC言語の流れで習得するのがいいだろう。

AIは、ユーザーが製品を使用した際の操作に関するデータを蓄積し、そこから学習してユーザーに合ったプランを提案するものが多い。このような製品は統計学の知識を活かした開発が行われているため、統計学も大切だろう。AI開発に用いられるPythonは、プログラミング言語の中でも比較的習得が容易だといわれている。そのため、AIの分野に憧れている未経験者でも比較的問題なく習得できるが、統計学をしっかり理解していないとせっかくのデータを活用することが難しい。

そうなると、Pythonを学んだ意味がなくなってしまうため、AIエンジニアを目指すなら統計学の知識が必須となるのだ。ちなみに、AI開発で求められる数学のレベルは高3数学~大学レベルである。このようにAI開発は簡単にできるものではなく、さまざまなエンジニアが行う仕事の中でも、特に高いスキルや知識が求められる分野であることを理解したうえで目指すべきだろう。