エンジニアはプログラミングを活かせるのか

IT業界に興味を持った人が転職しようと思った際には、プログラマーもしくはエンジニアを選ぶのが一般的だ。プログラマーやエンジニアといった技術職で働くには、基礎的なスキルがなければ話にならないと考えて、勉強に励むケースが多い。そこで大半の人が学ぶのが、プログラミングだ。転職したいという動機でプログラミングの習得を目指すのは、やはり基礎がなければ転職には不利だと思い至るからだろう。

しかし、技術職の中でもエンジニアの実態として知っておくといいのが、転職に成功しても実際には現場でプログラミングをしないことも多い点だ。プログラミングスキルがあるのは、エンジニアに転職するうえで有利になるのは確かだろう。しかし、基本的にプログラミングはプログラマーが担うことになる。そのため、エンジニアを選ぶ場合、プログラミングスキルは知識的に活かせることはあっても、実際に自分が活用する機会がない方が多いのだ。

そうであれば、エンジニアには何が求められているのか疑問に思う人もいるだろう。プログラミングができることで、プログラマーとのコミュニケーションが円滑になるため、プログラミングを学んでいることが求められることもある。だが、実際に現場で働くうえではプログラミングスキルよりも、むしろクライアントへの対応力が求められているのだ。クライアントから必要なことを聞き取ったり、完成したシステムを納品したりする部分で手腕を発揮するのが重要といえる。