現場から営業への転職も視野に入れられる

プログラマーやエンジニアとして働いていると、次第にそうした技術職が自分に向いていないと感じることも出てくるだろう。そこで、プログラマーやエンジニアが、プログラミングスキルを活かして働ける仕事にはどんなものがあるのか見てみよう。まず挙げられるのが、SESの営業職だ。SESとは技術職に特化した派遣会社であり、このような企業の営業職はIT業界未経験者が多い傾向にある。しかし、IT企業で働いた経験がないと、その企業に所属しているエンジニアがどんなスキルを身につけているのか、派遣先ではどんな仕事を行うのかなどを説明するのはなかなか難しい。そこで、実際に働いた経験を持つ人が営業職を務めれば、技術職目線で案件を紹介することができる。

また、セールスエンジニアという仕事も選択肢としていいだろう。セールスエンジニアは名称こそエンジニアというワードがつくが、こちらも営業の面が強い仕事だ。主に、電子機器メーカーやソフトウェアメーカーで必要とされている。クライアント先に出向いてクライアントが抱えている問題を聞き取り、その問題を解決できる自社製品を提案したり、自社製品の導入にあたってアドバイスを行ったりするのだ。この仕事でも、技術職としての経験を活かせることから、実際にプログラマーやエンジニアからセールスエンジニアに転向する人も多い。現場開発と違って、クライアント先に出向いて仕事を行うため、オフィスに長時間座って仕事を行うことに苦手意識がある人でもストレスなく働けるだろう。